セックスに繋げるキスの方法

セックスをする時には、まずキスから始まる事が多いです。
男女で唇を合わせる事で、お互いの性的欲求を刺激して、興奮度が高まり行為に至ります。
しかし、キスをしたからといって、必ずしもセックスをする事になるかと言えばそうではありません。
誰もがこの人のキスは好き、この人のキスは嫌い等と言う感情は持ち合わせており、好きだと思われればセックスに持ち込むのは容易であり、逆に嫌いと思われてしまってはセックスに持ち込むのは難しくなります。

セックスに持ち込む為には、お互いの唇を合わせる行為一つで大きく変わってきます。
ですので、まずは相手に好かれるキスの仕方を覚える事が必要になってきます。
好き嫌いは男性よりも女性の方が強く感じてしまい、セックスへの繋げ方も、女性から男性よりも、男性から女性の方が一般的に難しくなっております。
ではこの人のキスは好き、と思わせるにはどうしたら良いかを説明します。

基本的に難しいテクニック等はいりません。
感覚的に自然と行っている人もいると思います。
まずは焦らすというテクニックが必要になります。
いきなり唇を食べるように激しく吸われたりしたら誰でも幻滅してしまうものです。
最初から唇に口づけをするのではなく、頬や耳等に軽くキスをして、耳から伝わる音で興奮を高めます。
耳の回りに口づけをすると、キスの音がとても大きく音が聞こえ興奮度が高まります。
そこで更に焦らす事で、早く唇にキスをしてほしいと思わせる事が可能です。
激しく唇を弄ばれるのと、キスしてほしいと思わせてからするのでは、セックスに繋げるのに天と地ほどの差があります。

ですので、大事なテクニックとしては焦らすという事になります。
興奮状態に陥っていると、冷静な判断が難しくなりますが、深呼吸をして落ち着き、まずは頬や耳等に軽く口づけをし、耳から音を伝える事で相手を興奮させます。
興奮しているのが伝わり、唇にしてほしいと思っているのが分かってから唇にするように心掛けましょう。

キスをしたくなる唇とは?

セックスに繋げるキスの説明として、いきなり唇をにはいかずに、頬や耳から口づけをしていき、耳から音を伝える事で焦らすテクニックが必要と説明しましたが、それ以前の問題で、キスをしたくなる唇とはどんな唇なのかという点について説明していきます。

実際のところ、どんな唇であればキスをしたいと思うかは人それぞれの嗜好があるので一概には言えませんが、逆にキスをしたくない唇にしない事が重要になってきます。
まずこの人とはしたくない、と思われてしまっては焦らすテクニックや、そのあとのセックスの事等全く関係なくなってしまいます。
ですので、したい、と思われる以前にしたくない、と思われない事が必要です。

ではしたくない唇とはどのような物なのかですが、まずは切れてしまっていたり、乾燥してガサガサな物であれば、女性も男性も共通してしたいとは思わないです。
それに加えて男性目線からすると、赤やピンク系統以外変わった色の口紅やグロスを塗っていると、一般的にはしたいとは思いません。
あとは唇ではないですが、歯を磨いていなかったり、タバコを吸っていたりして、口臭が臭かったりするとキスをしたいとは思わなくなります。

難しい事は何もありません。
したいと思われるのは人それぞれの嗜好なので難しいですが、したくないと思われないのはとても簡単です。
普通が一番とは良く言ったもので、普通にしていればそれだけでしたくないと思われる事は無くなります。
乾燥して切れたりガサガサになる前にリップクリームで保湿をして予防、おかしな色の口紅やグロスは塗らずに、一般的な赤やピンクの物を塗る。
歯磨きやガム等で口臭ケアをする。
たったこれだけでしたくないとは思われないのです。
したくないと思われる事が、結果的にしたいと思う事に繋がります。