セックスレスが解消できず離婚の原因になってしまう理由

離婚理由としてセックスレスが認められるようになり、近年の離婚理由として増加傾向になっています。
セックスレスは男性にとっても女性にとっても苦しく、辛いものである為、結婚生活を継続しがたい事由として考えられているのです。

不仲になった夫婦そもそもセックスレスとはどのような定義があるのかをご存知でしょうか。
基本的な定義としては、月1回の性交渉がないことを指すようですが、実際には夫婦のどちらかがその回数に対して不満を持っていればそれはセックスレスであると言えるようです。
妻が拒否をしているのか、夫が拒否しているのかによってもその程度は異なってきますが、結婚生活を続けていく中でネックになっているのは間違いありません。

セックスレスで悩んでいる夫婦は、セックスレスを解消しようと励んでいます。
しかし、努力が実ることなく解消しきれないまま、離婚になってしまうケースが多いのです。
どう解消したら良いのか、何が原因で拒否しているのかなどを夫婦で話し合い、改善しようと試みても持続できないという状態になり、日常生活にまで影響を与えるようになります。
日常生活に影響が出ることによって、スキンシップは減りますし、喧嘩も増えるでしょう。

セックスを拒否されている側にとってはそれはかなりの苦痛であり、はけ口を求めてしまうことも珍しくありません。
浮気に走ってしまったり、風俗などのお店に通うことになります。
しかし、その事実を知ることで今度は結婚生活自体を持続することが出来なくなってしまう為、離婚率が増えてしまうのです。

性的な部分はとても繊細であり、何が原因で解消できないのかは人それぞれです。
浮気をしているからパートナーでできないのか、異性としての魅力を感じないからなのか、性欲がないからなのか、機能的な部分で行えないのかなどによって解消法も異なってきますし、改善するのが難しいことであれば離婚へと至ってしまいます。
しかし、原因がわからない以上防ぐこともできませんので、まずは夫婦での話し合いが重要となってくるでしょう。

離婚へ繋がるセックスレスの具体例

セックスレスが離婚に直結してしまう理由について考えてみましょう。
まず、一番多い理由が、どちらかの浮気と言われています。
浮気がバレないようにうまくできる人もいますが、ほとんどの人がパートナーとのセックスを拒否するような明らかな態度に変わっていきます。
特に女性側が浮気をしていると、夫に対して応じることはないと言ってもいいでしょう。
セックスだけではなくスキンシップまで避けるようになれば浮気を疑われてもおかしくありません。

また、子どもが生まれて妻が子どもにかかりきりになると、夫をないがしろにすることもあるでしょう。
これもセックスレスの理由になります。
男性は自分が誰よりも一番大切にされていると思いたい生き物ですから、スキンシップが減ったりすることで愛情不足に陥ってしまいます。
そうなると、自分は必要ないのだと自信をなくし、浮気に走ることがあります。

さらに、スキンシップが減少することで「愛されていないのではないか」と感じるようになりますので、ちょっとしたことで喧嘩になってしまうことも増えていきます。
喧嘩を繰り返していくうちに、まともな話し合いをすることもできなくなってしまうのです。
喧嘩をすればするほど相手のことを嫌いになっていきますので、セックスに応じようとは思えなくなります。

たかがセックス一つでなぜ離婚しなくてはいけないのかと拒否している側が思うことがあったとしても、人間の欲求を拒否されるのはとても辛いことなのです。
スキンシップもない、喧嘩も増えるなど夫婦として破綻している状態で生活をし続けていくことは苦しいことでしょう。
その苦しさの原因に気付き、解消しようと頑張ることができるのであれば、離婚を回避することができます。
しかし、その原因を放っておけば離婚を突き付けられても仕方がないのです。