セックスレスを解消したいと悩み苦しんでいる人は多く、どうにか解消して夫婦生活を豊かにしたいと願っています。
しかし、実際に解消するのは簡単ではなく、別れの原因になることもあるのです。
産後などの一時的なものであれば改善することもできるでしょうが、長い期間セックスレスが続いていると夫婦生活そのものにまで影響を及ぼしてしまいます。

離婚

また、セックスレスに陥る原因の多くが女性側が拒否しているパターン。
最近では男性が拒否しているケースもあるようです。
今回はセックスレスを解消し、夫婦生活を円満にするためにはどのような解消方法があるのか具体例を挙げてご紹介していきます。
また、注目されている「女性用バイアグラ」についても触れていきます。
女性用バイアグラの効果なども詳しく説明していきましょう。
さらに、セックスレスとはどのような基準なのか、夫婦によって基準は異なるのかについても詳しく説明していきます。

男性はバイアグラで勃起力回復!

セックスレスの悩みはやはりバイアグラで解決するのが一番です。
バイアグラは勃起力を高める効果があります。成分はクエン酸シルデナフィルで、血流を良くする働きをします。
セックスはしたいけど勃起がしなくて困っている、マンネリ化してしまい妻じゃ勃起しない、などという男性の悩みを解決してくれます。
バイアグラ


女性用バイアグラでセックスレスを解消する

次は女性側が拒否していることによって起こるセックスレスについて触れていきます。
女性は男性に比べて性欲というものが減退しやすく、産後にはホルモンバランスが乱れる為、性欲がなくなってしまいます。
一時的なものであれば問題ありませんが、拒否をし続けることによって今度は夫が応じなくなることも珍しくありません。
セックスレスはこのような夫婦の些細なすれ違いから始まることが多いようです。

女性用バイアグラのイメージでは、女性の性欲を増幅させ、セックスレスを解消する為にはどのような方法があるのでしょうか。
今回は、女性用バイアグラについて説明していきます。
バイアグラと聞くと、男性専用の治療薬というイメージがありますが、実は女性の性生活において悩みを解消してくれる治療薬としての女性用バイアグラがあるのです。
女性の場合、気持ちが追い付かないと濡れにくくなってしまったり、感じにくくなってしまいます。
その状態を性的欲求低下障害(HSDD)と言います。

現在、HSDDの治療薬として2種類の女性用バイアグラがあります。
1つが抗うつ剤と同様に脳内の中枢神経に作用する薬です。
しかし、この薬を服用した人の多くが効果を実感することができなかったことに加え、副作用に対しても懸念されており、あまりおすすめすることができません。
また、この薬を服用した人の中には、失神を起こしてしまったり、急激な低血圧などの危険な症状が出たという人もいるため、危険性が高いと言えるのです。

シルデナフィルが入った女性用バイアグラ

では、もう1つの女性用バイアグラですが、「シルデナフィル」を主成分としたラブグラがあります。
この女性用バイアグラはジェネリック薬として進化しており、先発薬よりも安価で副作用が少ないものが開発されています。
この女性用バイアグラは、性行為の1時間ほど前に服用することで体内の血流を促進してくれます。
血流が良くなることによって、性欲が増し、さらには女性器が濡れやすい状態になります。
男性器を受け入れやすい状態にしてくれることだけではなく、絶頂感にも達しやすくなるのです。
この薬は、副効果として老化防止にも役立ってくれると言われています。
女性にとってはかなり有効な薬と言えるでしょう。

デメリット

女性用バイアグラはメリットだけではなく、デメリットも存在しています。
まずは、女性用バイアグラを使用した時の副作用について知りましょう。
女性用バイアグラの副作用として代表的な症状が、顔のほてり(赤くなる)、目の充血、頭痛や吐き気、下痢などの症状がでることがあります。
また、人によってはこれらの症状が強くでることもありますので、その際は服用を中止し、医師に相談するようにしてください。

口コミ

女性用バイアグラを服用した経験のある女性の口コミでは、「性欲が増した」「濡れやすくなった」「絶頂感に達しやすくなった」というものが多いようです。
セックスレスに陥る原因の中には、男性のテクニック不足もあります。
女性は気持ち良くないセックスが苦痛になってしまい、避けるようになってしまいます。
気持ちが良くなければ当たり前ですが濡れにくくなってしまいます。
そのような状態を改善したい時に女性用バイアグラは効果を発揮してくれるでしょう。

セックスレスを解消する女性用バイアグラ

女性用バイアグラについて説明する医師セックスレスを解消する具体例として女性用バイアグラの存在について説明してきました。
あくまでもセックスレスを解消する一つの具体例であり、実際には効果を感じないこともあるかもしれません。
性欲だけが問題なのではなく、他の原因(例えば産後で精神的に安定しない)などが関係していると、服用しても思うような効果がでないこともあるでしょう。
何が原因で起こっているのかを自分自身で把握することが大切です。

女性用バイアグラの副効果にある老化防止も女性にとってかなり嬉しい効果です。
女性用バイアグラを使用して夫とのセックスが楽しいものになれば、セックスレスを解消する一歩になるかもしれません。
女性用バイアグラは通販などでも購入することができますが、初めて使用する場合は医師の処方薬の方が安心です。
副作用などが出た時にも対応してもらうことができますので、医師に相談の上処方してもらいましょう。

産後におけるそれぞれのセックスレスの原因

女性側がセックスを避けることによるセックスレスに陥ってしまう原因の多くが出産であると言われています。
具体例を挙げて説明していきましょう。

具体例(1):夫の育児協力がないことが原因
産後夫の育児協力がないことが原因で、セックス自体を拒否してしまうことは珍しくありません。
具体例(2):会陰切開が原因
出産時に会陰切開をすることは珍しくありません。
今までの状態と同じようにできるかどうか不安になってしまう女性も多いようです。
具体例(3):産後の体形の変化が原因
子供を出産すると多くの女性は体形が変化し、自分に自信が持てなくなります。
具体例(4):セックスレスの基準によることが原因
セックスレスの基準は、男女によって異なっています。
産後だからセックスができなくても仕方がないと思っていても、男性にはかなり苦痛な時間でもあるのです。
具体例(5):性欲が湧かないことが原因
産後は女性ホルモンの働きが乱れてしまうため、性欲が湧きにくいようです。
具体例(6):他の女性とセックスをしたことが原因
妊娠・出産、産後と女性がセックスに応じることができない期間は男性にとってとても長い期間です。
女性も自分のことでいっぱいになってしまうため、夫の気持ちが他の女性にいってしまうことも珍しくありません。
他の女性と関係を持ってしまった事実を知った時、ほとんどの女性がセックスを拒否するようになります。
具体例(7):罪悪感が原因
子供を出産するとセックスを「子供を作るための行為」として認識する女性が多いようです。
そのため、セックスをすることに違和感を覚えてしまう女性もいるのです。
子供が側にいる状況でセックスをすることに罪悪感を覚えることもあります。
具体例(8):感度が原因
女性によって産後の体は様々ですが、中には感度が下がってしまう女性もいるようです。
感度が下がってしまうことによってセックスが気持ちの良いものと思えなくなってしまいます。
具体例(9):男性側の自分よがりなセックスが原因
日本人の男性はAV信者とも言われ、女性の体への扱い方が下手な人が多いようです。
そのため、テクニック不足な男性も多く、適当な愛撫で挿入し、射精をすることで終わりというケースがほとんどです。
自分よがりなセックスは女性にはかなりの負担であり、虚しさだけが残ってしまうのです。
このような男性とは産後に限らずしたくないという女性は多いでしょう。
具体例(10):夫の心無い一言が原因
産後の女性はとてもナイーブです。
夫の些細な言葉や心ない言葉によってとても傷ついてしまいます。
傷つけられた相手とセックスしたいと思う女性はいません。

10個の具体例を挙げてきましたが、産後の女性はとてもナイーブで疲れていることがわかっていただけたでしょうか。
産後セックスレスになるのにはこれらのことが原因であると考えることができます。
特に、夫が育児に対して協力してくれたのかどうかがターニングポイントになることも珍しくありません。
産後、セックスを強要されることは精神的な負担が大きいので、セックスに応じてもらいたいのであれば育児に対して協力をしてあげたり、妻をサポートすることが大切だと言えるでしょう。

また、具体例(6)にあるように妊娠中や産後に他の女性と関係を持った夫に対して嫌悪感が増し、セックスレスに陥ってしまうことも珍しくありません。
また、具体例(10)のような心無い言葉には特に気をつけてください。他の女性と比べることは絶対にやめましょう。

具体例(9)は産後の女性に限らず多くの女性が不満に思っているところです。
セックスというものが何のために行うものなのかを改めて考えることが必要です。
具体例(7)についてですが、子供が近くにいる環境でセックスをしたくないという女性はとても多いです。
産後の女性は母性が強く、子供が近くにいる場所でセックスすることに罪悪感を覚えてしまいます。
そのような配慮がない夫に対して嫌悪感が増してしまうこともある為、注意が必要です。

具体例を挙げてきましたが、思い当たるものがある人はその原因について向き合う必要があります。

どこからがセックスレス?その基準とは

セックスレスのは「1か月に1度もセックスがない」ことが基準と言われています。
しかし、この基準はとても曖昧です。
その理由は、セックスレスの基準がその夫婦によって異なるからなのです。
夫婦のどちらかが週に1度セックスすることを基準にしている場合、1週間に1度もなければセックスレスになります。

セックスレスの基準は、夫婦の片方が不満に思うことから始まります。
そのため、基準はあくまでも基準であり、その基準は男女でも異なります。
夫が「毎日セックスしたい」と希望を持っていたとしても妻としては応じることが難しいでしょう。
特に産後はホルモンバランスが乱れて性欲が湧かなくなりますし、慣れない子育てで寝不足という現状もあるでしょう。
産後はセックスよりも休息が欲しいと望む妻も多いので、夫側の「毎日セックスしたい」という希望は叶うことが難しいのです。

しかし、これがセックスレスの基準に該当しているのかと言われれば違うと言えるでしょう。
セックスレスの基準は、あくまでも双方が健康な状態であるのに関わらず、セックスに応じないことが基準ですので、体調不良によって応じないのはセックスレスとは言えません。
男女によって異なる基準であったとしても、お互いの状況を考慮して納得いく基準を設けておくことがセックスレスに陥らない為には必要です。

女性にはセックスできない期間もある

また、そもそも、産後1カ月はセックスに応じることはできませんし、医師からセックス禁止を言われています。
また、会陰切開をしている女性にとっては産後のセックスは恐怖心も強いものなのです。
産後セックスレスに陥ることは、どの夫婦でも起こりうることであり、これに対して不満を持つことは夫が未熟すぎると言えます。
セックスとは、夫婦のコミュニケーションですので、相手が嫌がることを行ってはいけません。
男性の中では「結婚をしたら毎日セックスするのが当然だ」と考えている人もいますが、それは妻の気持ちや体調を無視して行うものでなく、双方が納得した状態でなければ意味がないのです。

女性のセックスレスの基準と男性の基準は異なることが多く、「これぐらいしなくても大丈夫だろう」「これはセックスレスの基準にはならないだろう」などと思い込まずに、夫婦でしっかり基準について話し合っておきましょう。
基準が合致しておけば、お互いに努力をして歩み寄ることも可能です。
基準について話し合いがなされていないと、揉める原因になることもありますので注意しましょう。

セックスレスを解消しましょう

それでは次にセックスレスを解消する為の具体例を挙げていきましょう。

具体例(1):原因が夫婦のコミュニケーション不足によって起こっている場合の解消法
子供のことで頭がいっぱいになると夫を避けてしまう妻がいます。
また、夫が触れてくることに嫌悪感が増してしまうこともあるでしょう。
解消するためには、日頃からコミュニケーションを円滑にしておくことが大切です。
まずはハグやキスから始めてみましょう。
具体例(2):原因が夫に対しての不満で陥っている場合の解消法
産後の子育てに夫が参加しないことによってセックスレスになっている場合は、まずはしっかり不満を話し合うことが必要です。
育児協力をしっかりしてくれるようになれば解消できます。
具体例(3):原因が性欲が湧かない場合の解消法
性欲が減退してしまい、セックスしたいと乗り気になれない場合は、女性用バイアグラで解消しましょう。
女性用バイアグラで血流促進することで感度が上がります。
女性用バイアグラを処方してもらうのが恥ずかしいという方もいるかもしれませんが、女性用バイアグラは通販でも購入することができます。
また、女性用バイアグラには老化防止の効果も期待できます。
女性用バイアグラを服用してまでセックスしたくないという女性もいるでしょうが、女性用バイアグラによってセックスレスが解消できたという女性もいるようです。
具体例(4):原因が自分のコンプレックスによる場合の解消法
産後の体形の変化が原因の場合は、ダイエットに励むことや骨盤体操で解消できます。

原因別に解消法をご紹介してきました。
産後の女性はとてもデリケートですが、些細な事が切っ掛けで始まり、些細な事で解消することができますので、当てはまるものがあれば解消するよう努力していきましょう。
また、女性用バイアグラで解消できたケースも多いようですので、一度チャレンジしましょう。